FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

フィンランドの思い出

2019/02/25
業務部の中山です。

先日、子どもの通う小学校からのお知らせでフィンランドについてのお手紙がありました。

子どもたちと「フィンランドに行ってみたい?」などと話していて思い出したのですが、
私は大学の卒業旅行に友達とフィンランドにオーロラを観に行ったことがあり、
たくさんの楽しい思い出がよみがえってきたので、少し紹介したいと思います。

結論として、オーロラは少し見えただけでした。
でも、2月のマイナス20℃のフィンランドに、英語もおぼつかない女性二人で行った旅は、
本当に思い出深いものになりました。

語りだすと長くなるので箇条書きで。
・雪がさらさらすぎた
・ロヴァニエミのサンタクロースは日本語話せる※
・朝食のサーモンめちゃうま
・トナカイの肉はシチューがおいしい
・スノーモービルの運転は難しい
・犬ぞりの犬はかわいい
・凍った駐車場で若者がドリフトしまくり
・お土産ものがかわいい

※注
サンタクロースは、世界中の子供たちにプレゼントを届けるので日本語が話せるのです。
商業的な目的のためではありません!!!

とってもいい思い出しかないフィンランド。
何かもっと思い出があったはず、、、、。
もしご興味を持った方がいらしたら、リンク先でフィンランドの素晴らしさを確認してください。
そうそう、埼玉のムーミンバレーパークができるのも今年でしたよね。
フィンランドに行くのが難しい方はこちらから体験してみては?

スポンサーサイト
15:43 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

お客様訪問日記

2019/02/22
 業務部、H・Uです。
お客様の娘さんが結婚されたそうで、お相手が落語家だそうです。
名前は「林家はな平」といいます。
学習院大学の落研を経て、卒業と同時に林家正蔵へ弟子入りし、現在二つ目だそうです。
「出演依頼があればよろしく」とのことですので、この場を借りて紹介させていただきます。
18:12 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

外面チェック

2019/02/12
こんにちは。業務部のKです。

先日親戚の7回忌の法要があり、家族4人で出席して参りました。
自分が子供のころは、法事は気の進まない行事のひとつでした。
普段会わない大人たちにたくさん話しかけられ、愛想を振りまく自分に疲れ果てたのを覚えています。
親の立場になると、親戚の集まりは子供の「外面」を見ることができる貴重な機会でもあります。
成長するにつれ子供たちの様子も変わってきます。
ここ最近では如才ない長男と無愛想な次男といった感じでしたが、
先日はちょっと違っていました。
相変わらず長男は社交的でしたが、次男も満面の笑みで楽しげに振る舞っていました。
外ではあんなにいい笑顔するのね・・・。。
まあ、20歳なのだからそのくらい当然か、と思いつつ嬉しく感じた1日でした。
夫が子供たちの振る舞いが嬉しくて、いつも以上に酔っていたのは余計でしたが。
法事は故人のおかげで、みんなの絆を深めることができる日なのですね。
16:14 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |