07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

本日の名言

2016/08/26
こんにちは。業務部のKです。

本日の名言

「これ何?歯ブラシたて?」

体操日本代表 白井健三選手

ご覧になった方も多いと思いますが、リオオリンピック団体男子体操の表彰式で記念品を授与されてのひとことです。
屈託のない表情に思わず笑ってしまいました。天然ボケも金メダル級です。
競技中でも「航平さんガンバ!」と白井選手が内村選手に声をかける場面がありました。
このあっけらかんと、のびのびとした若い力が団体の金メダルに大いに貢献したことでしょう。
ちなみに、今回の記念品はメダルスタンドだという記事がありました。
白井選手、わりと惜しかったですね。
いよいよ4年後は東京です。せっかくのホームでの開催なので、メダルの数で色めき立つだけではなく、オリンピック出場までの努力や苦労、様々なドラマにも焦点をあてて、じっくりと楽しめたらいいなと思っています。
リオオリンピック記念品
スポンサーサイト
15:10 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

続オリンピック

2016/08/23
情報処理部のTMです。
とうとうオリンピックが終わってしまいましたね。
毎日日本選手の活躍を見るのが楽しみだったので寂しい限りです。

そんな中、私は知らなかった競技なのですが、
オープンウォータースイミングなるものがあり、海、川、湖など、自然の水の中で行なわれる
長距離の水泳競技だそうです。(いわゆる遠泳?)
自然の水の中を10㎞、2時間近く泳ぎ続け、波しぶきなどで非常に体力を使う為、
レース途中にはマラソンや競歩のように『給水ポイント』があるそうで、
その給水の仕方がコレ………






………釣り?!人間釣ってる?!!

テレビで紹介されていて笑ってしまいました。
なんて斬新な給水方法。。すごいビジュアルです。楽しすぎる

そんなこんなでたくさんの感動も笑いもくれたオリンピックありがとう
選手の皆さん本当にお疲れ様でした。。

16:22 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

オリンピック

2016/08/19
情報処理部のI.Oです。
リオデジャネイロオリンピック、毎日熱い試合が繰り広げられていますね。
数ある種目の中で私が特に楽しんで見ていたのが卓球です。
ものすごいスピードのボールをひたすら打ち合うラリーはとても見ごたえがあります。
昨日行われた男子団体決勝。(リアルタイムでは見られなかったので録画して見ました。)
王者中国に挑む日本。

第1試合(シングルス)
(日本)丹羽孝希 0-3 馬竜(中国)
第2試合(シングルス)
(日本)水谷準 3-2 許キン(中国)
第3試合(ダブルス)
(日本)丹羽孝希・吉村真晴 1-3 張継科・許キン(中国)
第4試合(シングルス)
(日本)吉村真晴 0-3 馬竜(中国)

残念ながら1勝3敗で中国に敗れてしまいましたが注目すべきは第2試合の水谷選手。
相手の許キン選手には今まで一度も勝ったことがなく対戦成績は0勝12敗でした。

試合展開は、まず水谷選手が2ゲームを先取して勝利まであと1ゲームと大手をかけます。
しかしそこから許キン選手の猛反撃にあい2ゲームを取り返されます。
最終ゲームでは10対7と先に許キン選手にマッチポイントを握られますが、そこから水谷選手が怒涛の追い上げをみせ、5ポイントを連取して劇的な逆転勝利を飾りました。

正直中国相手に1勝でも挙げるのは相当難しいんじゃないかなと思っていましたが、今大会の水谷選手は日本卓球史上初のオリンピック個人銅メダルを獲得するなど神がかり的な勝負強さを持っており、中国から見事奇跡の1勝を勝ち取ってくれました。

これで今回のオリンピックの卓球種目はすべて終了しましたが、男子団体銀メダル、男子個人銅メダル、女子団体銅メダルと素晴らしい成績だったと思います。

日本代表選手の皆様お疲れ様でございました。
次回の東京オリンピックに向けてまた頑張ってください。
13:26 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

スポーツジム入会!?の巻 その2

2016/08/16
 先日、スポーツジムに入会するしないのブログを書き、結局は入会をあきらめた業務部K.Yです。

スポーツジム入会!?の巻 ⇐以前のブログ

 お恥ずかしい話、ここのところ肩・腰・膝とガタがきまして、いよいよ我慢できず医者に行ったところ、幸いにして骨や間接に異常は見られなかったのですが、現症の関節などの痛みは、運動不足による筋力の低下によるものと指摘されました。
処方薬やリハビリは一切受けず、プールでの運動を強く勧められその日は帰されました。

 帰宅後、妻に報告し、もともと入会予定だった4歳長男の水泳教室の申し込みを兼ねて、翌日近所のジムに行きました。
入会にはいろいろな諸費用が掛かるようで、受付の方から「親子で入会とあれば、一旦お子様だけ入会し、一日遅れでお父様も入会されれば紹介キャンペーンが適用できますのでお得ですよ」と言われ、そのように手続きをしていると、急に長男が嫌だと駄々をこね始めました。粘り強い説得にも全く応じ無かったので、一日だけの体験入会だけという約束で手続きを済ませました。

 後日体験日。連れて行った妻が言うには、60分のうち50分は泣いていたとのことで、トラウマを植え付けてしまい、一層プール嫌いにさせてしまったようです。

 親子間のお得な紹介キャンペーンを聞いた後で、私だけ普通に入会するとなるとだいぶ損した気持ちになるのは事実。
それならば長男をプール好きにさせ、再度親子入会の機会を伺おうと画策しました。そして、ジムとは違う区営のプールに私も一緒に通い詰めたのですが、やはり一度恐怖で嫌いになったものを好きにさせることは一筋縄ではいかないと、ひしひし感じた次第です。

 という訳で、ジムへの入会はもう少し先になりそうです。
 
16:21 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

加登屋さんとBBQ

2016/08/09
梅雨が明け、酷暑が続きますね。業務部のk.fです。

昨日は、毎年恒例の加登屋さんのBBQのご招待を受け、渡邉事務所から11名参加しました。

加登屋さんは、渡邉事務所と同じビル内で事務用品全般を取り扱い、大きなものから細かいものまで大変お世話になっております。

BBQはビルの3階にある広いテラスで行い、40人前後が集まり楽しみました。
非常に広いテラスで開放感があり、適度な風もあり絶好のBBQ日和でした。

そして、加登屋社長が自ら火の前に立ち、肉を焼き振る舞って下さいました。
お肉もおいしかったですが、やはり一番は社長おすすめの極太ソーセージです。
これがまたビールによく合い絶品でした。

社長!ありがとうございました!

加登屋さんの方と『この広いテラスをBBQ会場として提供して商売ができるね!』などと話が盛り上がり、非常に楽しいひと時でした。
17:28 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ランドセル購入

2016/08/05
業務部のK・Wです。皆様、暑い毎日をいかがお過ごしでしょうか・・・。

さて、我が家の娘もおかげさまで、来年から小学生という歳まできました。

小学校と言えばランドセル
豊富な種類がある昨今のランドセル事情。購入するにもウルトラ迷います???只、迷ってばかりだと購入時期を逃しますので注意です。
購入時期と言えば6-9月新作モデルがある時期。10-12月購入ピーク時期。1-3月セールし始めるが品揃えが少ない時期。

我が家のランドセル選びの決定権は私にあるはずもなく、入学まで8か月以上あるのでランドセル選びに関しては、正直ぼぉ~っとしてました。

私とは逆に、妻の方は新作モデルをどうしても購入したいらしく、気が早い事に5月くらいから、ランドセル購入に関していろいろ調べていたらしく、ランドセルを購入するまではほぼ毎週、家族でショッピングモールやデパートに行っておりました。

そして、妻が購入の際に重視している点は、本人に聞いてないのでわかりませんが・・・。なんとなく、
色>飾り>軽さ>丈夫さ>収納力のようです。
はいこの順番は子供がランドセル選びで重視するポイントとほぼ同じですね(笑)

参考までに一般の母親が購入の際に重視している点は
丈夫さ>色>価格>軽さ>収納力のようです。

私は価格、丈夫さ重視です。
子供はあまり関心がないみたいです。←自分には決定権がないため、意見を言ってもしょうがないので何でもいいから早く決めてくれ。みたいな感じです。(涙)

情報集めから購入まで2か月。我が家はやっと7月中に購入できました。

やった~万歳ヾ(o´∀`o)ノこれでやっと、ランドセル選びじゃない週末がくるよねBY写真の娘&私・・・・。
↓↓↓疲れ切った無表情の娘


10:20 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

2匹の子猫

2016/08/02

業務部のN.Aです。

一昨日に東京都知事が決まりましたね。
都政も多くの課題がありますが、初の女性都知事に期待したいですね。

さて、今回は顧問先の社長宅で飼われている子猫の話しです。

1年に数回、社長のお宅に伺う事業所がありまして、猫がお好きで何匹か飼われいます。
リビングで社長の奥様と打ち合わせをしていると、人懐っこい猫が膝にのってきては体をスリスリ、足元に絡み付いて甘えてきます。

先日お邪魔した時は、人の手のひらにのるサイズの新顔の子猫2匹がダンボールの中にいました。
事情を聞くと、どうやら箱に入れられ、道端に捨て置かれていたとの事です。
ご近所の方から、是非お願いしたいと頼まれ飼うことになったそうです。
最初は、衰弱状態の子猫を病院に連れて行き、それでもミルクを飲まず、夜中に2時間おきに哺乳瓶でミルクをあげたり大変だったと当時のお話しをされていました。

最近、お電話で「あの時は黒い物体だったのが猫になり、今では飛び回っていますよ」と成長した状況をおっしゃっていました。

次回会えるのが楽しみです。

でも、今回の子猫のように、何処かで誰かに見つけてもらい可愛がってもらえると思わないで、責任を持った別の手段を考えて欲しいと思います。

ただこの子猫たちは、今たくさんの愛情を注がれています。
14:22 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |