FC2ブログ

プロフィール

大田区蒲田で開業して半世紀の社会保険労務士事務所です。 日記帳には、事務所メンバーの日常出来事をつづっています。

社会保険労務士法人AYUMI

Author:社会保険労務士法人AYUMI
FC2ブログへようこそ!

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

どうしますか?

こんにちは、業務部のKと申します。

昨日の朝、京浜東北線の中のことです。
多少ゆとりのある混んだ車内(?)でのこと、私の目の前の30才台前半くらいの女性.....
羽織っている紺色の薄手のカーデガン、あらら?脇とアームホールに縫い目がある!?
いやいやそういうデザインに違いない、私だってそういうの持ってるじゃないか.....
でも、首のところにブランドのタグ付いてるし、脇の下にクリーニング用の表示もついてる。
う・ら・が・え・し??
どうしよう、声をかけるのが親切なのか、おばちゃんのおせっかいなのか.....
ひと駅のあいだの葛藤でしたが、小心者ですので何も言えず電車を降りました。(合掌)

みなさんでしたら声をかけましたか?
スポンサーサイト



同窓会

業務部の中山です。

先週、高校の同窓会がありました。
私は女子高出身のため、もちろん女性のみ
同級生は300名いましたが、都合がつかない人がいたりと、集合したのは30名ほど。
でも、アラフォー女子(?)が30人も集まれば、それはそれは賑やか
卒業して以来の久々の顔もあり、あっという間に気分はJK

みんな様々な環境にそれぞれ奮闘していて、近況を話し、愚痴を言ったり、大笑いしたりと、
明日からも頑張ろう!と思える夜でした。

そんな中、同じ社会保険労務士として開業している友人を発見!
世の中狭いですなぁ。とシミジミ感じてしまいました。

大田区春季スポーツ大会

 業務部 H・Uです。
大田区春季スポーツ大会の、バスケットボール大会が開催中です。
6月24日が決勝戦となります。
先月には都民大会があり、大田区男子は準決勝で優勝した板橋区に敗れました。
女子は決勝まで進みましたが、練馬区に惜しくも2点差で敗れました。
選手の皆さんご苦労様でした。

本日の名言

こんにちは業務部のKです。

本日の名言

「自分を持ちたいならサバになれ!」  


2015年話題のカレンダー、「まいにち、修造」から松岡修造さんの名言(?)
周りに流されてしまう自分が嫌で悩んでいる人に向けた一言。
サバはいろんな魚が泳いでいる所でも、周りを気にせず常にサバサバして「自分」をもっているからだとか…。
なんのこっちゃ???
こんな所も含め、滑稽なまでに熱くまっすぐで、でも品のある松岡修造さんが大好きです。

頼りにしてます

情報処理部のTMです。

先日の関東の地震、皆様大丈夫でしたか?
私はちょうど横浜でお茶をしていたところで、
座っていたこともあり強く長い揺れをしっかりと感じました。

大きな揺れだったのでこれはまずいと思い、即座に電車の運行情報を確認し始めました。
利用している京浜急行線をまず確認したところ、ダイヤの大幅な乱れとなっていましたが、
見合わせにはなっていなかったので一安心し、JR線はどうなのかな?と思い検索すると
のきなみ運転見合せとなっていました…

さすが京急!と、途中だったお茶を飲みきり電車に乗って無事帰宅することができました。
めったに止まらないと定評のある京急線、これからも頼りにしてます

友人の結婚式

情報処理部のI.Oです。

先週の土曜日、大学の友人の結婚式に行ってきました。
その友人は仕事の都合で東北地方の色々な場所に転勤していて、今は福島に住んでいます。
そのため大学を卒業してからは年賀状のやり取りだけはしていたものの、その他のやり取りはほとんどしていない状態でした。
そんな友人から今年の1月頃、ものすごく久しぶりに電話がかかってきまして、東京で結婚式をやるので出席してほしいとのことだったので、出席させてもらうことにしました。

結婚式で久しぶりに見たその友人は自分の感覚では大学の時とほとんど変わっていないように見えましたが、思い出のスライドに出てきた大学時代の写真と見比べると、今のほうがだいぶ頬がふっくらしていて、やっぱり昔とは変わっているんだなということを実感しました。
その後、新郎の席に行ってその友人と話をしたところ「O君ずいぶん白髪が増えたね」と言われ、昔と変わっているのは自分も同じなんだなと思いました。

結婚式は終始和やかなムードでつつがなく終了し、懐かしい思い出に浸りながらその日は家路につきました。
末永くお幸せになっていただきたいと思います。

| ホーム |


 ホーム