10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

カメラマンの妙技

2013/11/25
 業務部のK.Yです。
先日、撮りためた写真データの整理をしていた時に思い出したことがありました。

 今から半年前、一歳になった子供の記念写真を撮りに、都内某所のスタジオに行って来ました。

完全予約制で1日に4、5組しか取れないこだわりの人気スタジオであった為、こちらの希望する日時となかなか折り合わず、結局撮影日に決まったのは、誕生日から一ヶ月以上も経ってしまった日でした。

 良く晴れた日曜日の午後、二階建て一軒家を改装したそのスタジオは、部屋ごとに異なるテーマがあり、どの部屋も雑誌に出てくるようなオシャレな空間となっていました。
たくさんの自然光を取り込める間取りとあって、フラッシュやレフ版、照明などの仰々しい機材は必要とせず、本当にカメラだけで撮影していました。(天気が悪かったり、冬場の夕暮れ時など光量が足りない時用に常時用意はしてあるそうです。)


子供中心の撮影でしたが随所に私と妻も参加して、とくに気取ったポーズをせずに、普段どおり家でやっているように自由に遊んだりしている様子を自然の表情で400枚近く撮っていただきました。


そして1時間30分の撮影を終え、出来上がりをその場の大型モニターで確認しました。実際にデータとしていただける枚数はそのうちの90枚程度でしたが、その出来映えは大変満足できるものとなりました。

 このような業態のスタジオを「ライフスタジオ(ライフスタジオ型写真館)」というらしいのですが、巷の普通の写真スタジオとの決定的な違いは、子供の表情と動きにあると思います。

普通のスタジオで撮られるぎこちない笑顔は子供ならではのかわいさでもありますが、目線を意識させずにふとこぼれる笑顔、おもちゃに夢中になっている顔の方が、より子供らしさが出ていると思って、このスタジオに決めました。

 お世話になったスタッフさんに感謝の意を伝えると、最後にこうおっしゃってました。
「私達が撮る写真は、お父さんやお母さんがいつも何気なしに撮っている写真に比べ到底及びもしません。なぜなら、こちらが気を引こうとあの手この手を出してやっと引き出せた表情は、所詮私達がつくった表情であり、普段お父さんお母さんが見ている本当の表情とは違うからです。私達はセットや小物、光の当て方、カメラの設定や技術を駆使して、「いい写真」に見せているに過ぎないんですよ。」との衝撃発言。

 そして先日、もう一度その日の写真を見てみましたが、ベストショットと思っていた写真が、そういえばなんとなく普段のそれとは違う表情に見えてきました。



それにしても私の満足度は変わることはなく、普通の写真館より割高な価格でしたが、次回もまたこのスタジオでお願いしたいと思います。



 満面の笑みで歩み寄ってくる姿を撮ろうとして何度も失敗し、捨てるにはもったいない私の撮った大量のピンボケ写真も、そんなに悪くはないような気がしてきました。



スポンサーサイト
16:58 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

風邪ひき旅行。

2013/11/21
寒い日が続きますね。業務部のK・Fです。

先週の週末に、箱根の保養所に一泊をし、紅葉を見に行きました。

予定では先々週の週末でしたが、3歳の上の子が熱を出してしまい急きょ中止に。
宿をキャンセルする連絡をしたとき、たまたま次の週の週末(これが先週)にキャンセルで空きがあり、予約をいれました。
残念ながらキャンセル料は発生してしまいましたが、人気のこの時期に再度予約ができてラッキーでした。

あとは、子どもの熱を下げるだけです。
上の子は順調に熱が下がり、翌週のはじめには元気になりました。
そして予想通り7か月になる下の子が入れ替わるように熱を出しましたが、これも週のなかばには回復しました。

さて、これで紅葉が楽しめる・・・。と思いきや私と嫁さんが同時に熱が上がってしまいました。

当日まで悩んだが、私と嫁さんが我慢すればいいだけなので頑張って行きました。
が、やはり体調が悪化し、翌日はチェックアウト後そのまま帰宅。
土曜日の昼過ぎに家を出て、日曜日の昼には家に着くという非常に悲しい旅行となってしまいました。

強羅の紅葉はちょうど見ごろでした。
それだけに残念でした・・・。
11:08 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

不動心でガォー

2013/11/19
2013年11月19日、通勤時に東海道線の人身事故が起きてしまいました。
私の利用している京浜東北線も大幅にダイヤが乱れる事になります。
そんな時は電車を全く恨むことなく、私の頭で、ここは「不動心」だなと思いました。

不動心:他によって動かされることのない心。動揺することのない精神。

過去に経路変更して出社した事があったのですが、まったく良いことがありませんでした。別の電車の最寄駅に向かうため、バス停で20分まち、そしてバスで鮨詰20分乗車、ついた駅では超満員電車の再度鮨詰状態なのです。これではせっかく職場についても、最高の状態で仕事に打ち込む事はこの私でも非常に難しいのです。これではまさにサバンナで大移動を終えた「ヌー」状態です。

本日の私は一味違いました。次々と経路を変更しようと、停車中の電車から降車していく人々(ヌーの大移動)の流れに逆らい、まれに空く座席をターゲットに目線をロック。後は百獣の王ライオンのよう座席を狙っていると周りに感づかれずに気配を消し、席が空いたら一瞬、お尻でガォーーー!!

今日は見事に獲物にありついた私は今日一日もいい仕事をするのでした・・・。

おしまい。
15:01 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

新社長就任のお祝いの会

2013/11/15
業務部のN.Aです。

10月より新たに社長が就任し、新体制を迎えました。

昨日は、新社長就任のお祝い、そして役員就任のお祝いの会を開きました。

蒲田駅西口のイタリアンのお店で、美味しい料理そしてワインを嗜みながらのお祝い会でした。

馴染みのある居酒屋?ではなく、お洒落なお店でのいつもと違う雰囲気がまた新鮮でした。


そして中でも、社長の方針や目指す事務所等の話を聞く事ができた事。
また、代表のお祝いの言葉では事務所全員の声を聞けたような、そんな良い機会だったと実感しました。

私はこの会が初めての幹事だったのですが、戸惑いながらもなんとか無事に終える事ができました。
心残りは、司会進行が不慣れで写真を撮る機会を逃していたこと。。

そんな理由で、写真をお見せ出来ないのが残念です。

でも、その時目で見たものはきっと忘れないですし、目に焼きつけています。

これからも、渡邉事務所をもっともっと、盛り上げていきましょう。
16:25 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

イン接

2013/11/13
皆さま、お変わりございませんか。
最近急な寒さで体調崩していませんか。

ところで皆さまは夏と冬ではどちらが好きですか。

私は個人的には夏が好きです。
薄着で、クールビズ。ノーネクタイなので爽快です。
また、大好きな枝豆も冷凍物でないのが頂けるので嬉しいです。

そんな大好きな夏から今年も冬が近づいてきます。
昨年は不覚にも初めてインフルエンザに罹り皆さまにご迷惑をお掛けすることに
なりました。
今年は早めにインフルエンザワクチン予防接種を受けるつもりです。

どうぞ皆さまもご自愛ください。

旅人
10:23 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

古~い白髪のジィジ

2013/11/06
11月はじめの3連休
久しぶりの孫たちとのお出かけ

少し木々の色づき始めた公園で、ひとしきり遊んだあと
お決まりのショッピングモ-ルへ

孫たちは 『ワンパクランド』 へ一直線!

ついていくと
そこは、隣の雑貨店を3つ4つ合わせたぐらい広い

最初は、遠目に 子供の乗り物とか簡単なゲ-ムぐらい と思っていたが
なんと、自分が昔ゲ-センで遊んでいたようなコインゲ-ムばかり

遊んでいる多くの子は小学4・5年生か・・・

目が血走って、コインでいっぱいにしたカップを片手にウロウロ
これはもう 子供の表情ではない

わが孫たちは、カ-ドがもらえるゲ-ムを楽しんでいたが やがては・・・

『あ~あ恐ろしや』 と思う 古~いジィジであった

11:02 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ボールの行方その後

2013/11/05
業務部のFです。
先週、当事務所が併設している京浜労務福祉協会のゴルフコンペに参加しました。
昨年もこのブログに練習をしなくてはボールは言うことを聞いてくれないと記載しましたが
その後ほとんど練習せず10月中旬にゴルフに行くからとその前の連休に練習を少し行い
そのラウンドでは、ちょっとうまくいったので調子に乗ってしまいその後練習をせずに当日
を向かえました。
案の定うまくいかずボールはОBに池に思ったようには飛んでくれません。
あーあやっぱり練習しておけば良かった、来年こそはがんばろう。
14:03 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

時は流れても変わらないもの

2013/11/01
ディズニーパートナーズ像

情報処理部のM.Yです。
11月になり、今年も残すところ2ヶ月になりました。
今月は世界的に有名なキャラクター、ミッキーマウスの誕生月ですね。そう云う訳ではないのですが、私の車のナンバーが11・18なんです。
先日も短い時間でしたがディズニーシーに行ってきました。というか迎えに行ったと言うのが正しいでしょうか?少しだけでしたが、水上のショーを堪能して帰ってきました。そのショーを見て1年前ディズニーランドのディズニーギャラリーで知ったエピソードを思い出しました。
私はランドやシーに行ってもアトラクションにはあまり並びません。むしろ、建物の中を歩きながら、装飾やアトラクション以外のキャストの皆さんを見るのが楽しいと思っています。
ディズニーギャラリーは外の喧騒から離れて、静かに展示物を鑑賞したり、ディズニーキャラクターの絵を書く静かなアトラクションが催されています。私が入った時も奥の教室で静かに絵を書いている方たちがいました。そうした中、静かに展示物を鑑賞しておりました。
 その中にあの有名な「ファンタジア」の魔法使いの弟子のミッキーの絵があり、説明書きの映画作成に纏わるエピソードがとても印象に残りました。
ご存知の通り、ミッキーマウスはウォルト・ディズニーの窮地を救って世に登場したことは有名なお話しです。しかし、ファンタジアを世に出す頃にはディズ二―にはたくさんの人気を博していたキャラクターが存在していました。ドナルドとかバンビとか・・。制作にあたり、当時の人気キャラクターでファンタジアは作られる流れだったそうです。しかし、ウォルト・ディズニーは「ミッキーマウス」に主役を演じさせたというんです。時は流れ、成功を収めても、ウォルト・ディズニーには、次の時代を創るのは、やはり「ミッキーマウス」だと世に知らしめ、彼「ミッキーマウス」の存在は不動のものになっていきます。映画の中での師の名前も「Disney」を反転させているとの事。深い意味が込められているように感じますね。
そして、ウォルトの夢は「ミッキーマウス」に委ねられ、世界中で具現化されていますね。そして、これからも。
改めてこの「パートナーズ像」を見てみると、二人の強い絆に感動を覚えます。
11:18 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |