08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

秋の味覚

2013/09/27
業務部のK・Fです。

食欲の秋となり、食べ物のおいしい季節になりました。
数ある秋の味覚の中で、私が毎年楽しみにしているのが『生筋子』です。
生筋子をほぐし、醤油漬けにしたイクラを温かいご飯に『これでもか!』というほどのせて食べることができるのは、この時期だけの贅沢です。
今回は『生筋子』のほぐし方をご紹介します。

まずは、ボールにお湯(お風呂の温度)をため、適量の塩を加えてから筋子の膜を丁寧にほぐしていきます。結構簡単にほぐれますがお湯の温度が下がるとほぐしづらくなるので、適度にお湯は取り替えていくのがpointです。

イクラがほぐれたら、残った膜とりです。ほぐしたイクラを多めの水に浸し軽くかき回すと残った膜が浮いてくるので、水ごと捨てます。これを4~5回繰り返します。
水につかると、イクラがだんだん白くなり皮のハリもなくなってすぐに割れてしまいます。
大き目のボールに多めの水を入れてゆっくり泳がすようにかき回すのがpointです。
また、適量の塩を加えてかき回すとイクラが割れにくくなります。

最後にイクラが浸るぐらいの塩水につけると、白濁して元気がなくなっていたイクラが一瞬で鮮やかな色とハリを取り戻します。(この瞬間が毎回楽しみです♪)

あとは生筋子を買った時に付いている『筋子のたれ』に一晩つければ出来上がりです。
自分でつけ汁を作るときは『醤油:2 酒:2 みりん:1』がベースです。

作り方を、売り場の店員に聞くと『簡単!簡単!』と言いますが、包丁を使わないので難しくはないが、時間と手間は結構かかります。
しかし、出来合いのイクラと比べ4割~6割の値段で食べられるのでかなりお得です。
10月の下旬位まで楽しめます。

いくら
スポンサーサイト
14:50 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

社員旅行は花と団子

2013/09/25
業務部のK・Wです。

先週の土曜、日曜日は渡邉事務所の社員旅行があり、浜名湖舘山寺温泉へ一泊二日で行って参りました。
宿泊場所はホテル九重というお宿に泊まらせていただき、美味しいお料理、素晴らしい温泉により、日ごろの疲れを置いて来る事が出来ました。

この旅行で、印象深かった物2つをご紹介させていただきます。
花と団子という、タイトルにもあるようにまずは花からです。
この素晴らしい景色をご覧ください。清水付近の船の上からの撮影です。天候、景色、そして写真家の腕とまさに三拍子揃った作品というべきです。

IMG00232_convert_20130925111224.jpg


次に団子といえば、私的にはこの旅行の目玉である、うなぎ料理「いしかわ」さんのひつまぶしです。そのまま食べてよし、ワサビをつけてよし、お茶漬けでよし、といったこちらも三拍子そろった味わいで楽しむ事ができました。

IMG00237_convert_20130925111400.jpg


最後に東名高速大渋滞もあり、旅行に参加された事務所の方々お疲れさまでした。


11:08 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

カワイイ観葉植物見つけました。

2013/09/20
ブログ写真

業務部のN.Aです。

昨日は、十五夜でしたね。
夜道や部屋の窓から空を見上げた方も多かったのではないでしょうか?

さて、今回は、偶然見つけた小さな観葉植物のお話です。

たまたま遊びに行った自然館のお土産屋さんで、小さい観葉植物がたくさん並
んでいるのを見つけました。
その横には、「サボテンの仲間の多肉植物です」と書かれていて、「秋は葉が
赤く色づき、小さい花が咲いたりもします」とのコメントが・・・
こんな小さな葉なのにそんな変化がみられるの?と興味津々で眺めている私。。

さらに、「世話は月に2回のお水だけ、太陽が大好きなのでたっぷり陽射しをあげて
下さい」とのコメントも・・
これだけでいいの?
これなら私にも育てられると思ったら、何種類かの葉の中から真剣に一つの小鉢を選んで
いました。(さすがに連れも驚いていました)

多肉植物は、葉に水を貯蔵するので、水をあげ過ぎると痩せこけてしまいます。
手をかけ過ぎず、でも時には気にかけてあげると太くなっていくそうです。
面白いですね~。
確かにサボテンも毎日話かけるとよく育つ、ていいますよね。

私も時には気にかけ、秋に葉が色づくのを楽しみにしています。
また、その後をお伝え出来ればいいですね。
17:49 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

夏の日の思い出

2013/09/18

業務部のSです。

先月の夏休み休暇中に健康保険組合の湯之谷保養所(新潟県)へ

三家族(私達夫婦・息子家族・娘家族 計9名)の団体で

2泊3日のスケジュールで行って来ました。

1日目、その保養所のプール(温泉水プール)での一コマです。

(カメラマンの私は幸か不幸か映っておりません)P8131371_convert_20130917111902.jpg

2日目、保養所のイベントで全員マス釣りをし、釣り上げたマスを含め、

昼食をバーベキューで楽しみました。

P8141407_convert_20130917111824.jpg

3日目、帰途の前に保養所近くにある奥只見湖に行き遊覧船の湖の周遊コースに乗船、

たまたま船のイベントで「孫たちが1日船長」を体験(船長帽・子供用船長服を着用)

(操舵室に入り船長さんのいろいろな説明がある)緊張しかつ興奮しながら楽しみました。


そんな楽しい思い出の中、先日に行われました孫の幼稚園「敬老の日」のイベントで

私の家内に、5歳2ケ月の孫娘が絵をプレゼントしてくれた、その脇にに覚えたてのヒラガナで

「ばあちゃん いつもありがとう、また、にいがたに 行きたいね」と書いてありました

幼いながらも余程楽しかったのかなと、感激している、お爺ちゃまでした!

08:31 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

野球大会

2013/09/12
野球

業務部のMです。

先週の土曜日に東京都社会保険労務士会の親睦野球大会が行われました。

我大田支部からも精鋭11名が1チームとして参加しました。

当日は猛暑も終わり秋風が吹くさわやかな天気の中、11チーム勝ち抜き戦で
試合が開始されました。

対戦相手は昨年度優勝の強豪S支部で、部員も25名の大所帯。
女性の私設応援団まで駆け付け大盛り上がりに対し、我支部は名ばかり監督の
私を含め応援は4名ほどで劣勢の中、試合は始まりました。

1回の裏いきなり相手チームが2点HRで先行しましたが、我チームも直ぐに
反撃を開始し1点を返し、試合は予想に反しシーソーゲーム。

我々応援団は元より選手達も劣勢の前評判を覆すような猛反撃に次第と選手も
波に乗り、まさかの7回規定フルイニングまで到達し、試合は6対6の同点のま
ま延長戦に突入しました。

最初の内は身を乗り出して応援していたS支部の応援や野次も徐々に大人しくなり
最後は我支部の数少ない応援団が身を乗り出して応戦。

その後の延長戦も引き分けに持ち込み最後はジャンケンで準決勝進出を決めること
になり、惜しくも敗退してしまいました。

選手の皆さま大変お疲れ様でした。

感動を与えていただきありがとうございます。

2020年の東京オリンピック開催も決まり、秋はスポーツの季節、体に良いことやりま
しょう。


そして最後に大事なのは お・も・て・な・し では。
11:15 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

暑い夏の勘違い

2013/09/10
 白髪のジイジ

 今年は梅雨明け(記憶によれば6月6日)も早く
 同時にすぐ熱~い夏がやってきた

 7月の始めか中旬頃だったろうか
 セミが鳴いてないのに気づいた
 いつもの年だったら
 こんなに暑い今頃はうるさい程の鳴き声がしていたはず・・・

 周りの人達に聞いても
 『そう言われれば確かに鳴いていないよね』
 ネットを覗いてみるとその手の書き込みがたくさんあり
 おまけに
 『セミが鳴かない年は大地震が起きる』
 など等まことしやかに・・・

 しかし待てよ
 これは7月中旬ごろのある日の事象
 
 何のことは無い
 8月に入った途端にぎやかになりだしたではないか
 むしろ例年より多いくらい・・・?

 そうなのです
 生き物はしっかりと自分の生まれ出てくる日を間違わないのです

 人間の感覚(記憶)は
 それに比べればたいしたこと無い

 あ~あ勘違い・・・
 で少し冷や汗をかいた夏でした

10:59 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

役に立った腕時計

2013/09/06
業務部のFです。

普段、腕時計は、ただ左手になんとなく着けているようなもので暑いとはずしたりし、じっくりと文字盤など眺めたことなどありませんでした。しかし、昨日ある研修会で講師を務めた際、内容に大変ボリュームがあり、時間との戦いで与えられた時間内に終わるか不安でテキストの各ページにこのページの説明は何時に終わると大きな字で書きこんでおきました。ところが時間を見ようと思っても自分の後ろにある掛け時計は見れませんので、私は腕時計を目の前に置くことにしました。これがテキストの各ページに書き込んでおいた時間と実際の時間のチェックに非常に役立ち、なんとか時間内に終了することができました。
ありがとう、私の腕時計さん。
13:18 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |